自動車保険の等級

自動車保険に加入されたとき、等級と言う言葉を耳にした方も少なくないと思います。等級とは、一体何のことでしょうか。自動車保険は、事故を起こしたときにその補償をするために加入します。

しかし、事故ばかり起こして保険金を受け取っている人と、事故を起こさず保険金を受け取っていない人で同じ保険料であれば不平等です。そこで、等級と言う段階を決めて、等級があがれば、保険料を割引しようというのがそもそもの考え方です。

契約時を起点として、毎年1年間無事故であれば1等級上がっていきます。逆に事故を起こしてしまえば、3等級下がります。初期保険加入時は、6等級からスタートします。

割引率でいうと、1等級上がれば(7等級になれば)、20%の割引になり、16等級になると60%割引まで割引になります。事故を起こしたときは、3等級下がってしまうので、初期の6等級から3等級下がるとなんと30%の割増になってしまいます。

等級は、20等級まで用意されており、16等級以上は60%の割引のままです。なぜ、20等級でも60%割引なのかと言えば、事故を起こした際、3等級も下がってしまうので、長年無事故の方を優遇しようという処置です。

できるだけ、等級を下げないようにすることが保険料を安くするポイントですが、事故を起こしても事故とカウントされない場合もあります。

人身傷害補償、搭乗者傷害保険や、あるいはファミリーバイク特約などに係る事故については、ノーカウント事故と言い、等級が下がりません。また、台風や火事、爆発などの事故も等級据え置き事故といい、等級が下がりません。


Copyright © 2008 自動車保険の比較・見積りガイド. All rights reserved