自動車保険に車両保険

自動車保険は他人の身体や物への保障や自分と搭乗者への保障など、大体5つの基本の保険に車両保険や特約などをプラスして加入することになります。

車両保険とは自分の車の損害を補償するものですが、自動車保険の保険料をなるべく安く済ませたい時は、車両保険に入るのに迷うところです。新車や高級車であれば、盗難の恐れもあるのでつけた方が良いでしょう。

車両保険の保険料は乗っている車の車種や契約者の等級で変わってきます。車両保険は車種ごとに料金クラスが設定されています。もちろん、高級車であればあるほど、車両保険の保険料は高くなります。

車両保険には4通りの付帯方法があります。

1)一般車両
偶然の事故によって生じた自動車への物的損害について補償されます。単独事故、他社との衝突、当て逃げ、台風・洪水、火災・爆発、盗難、落書き、いたずら、などのほとんどの場合で保障が受けられます。

一般車両に入れば、どんな場合でも保障されるというわけではありません。法律違反の場合や、故意の事故の場合、地震や津波などの災害の場合、それ以外の特殊な場合は保障されません。

2)エコノミー+限定A(特約)
エコノミーと限定Aを合わせたタイプの保障です。

3)エコノミー(特約)
自動車同士の事故による損害のみに補償が受けられる特約です。

4)限定A(特約)
車を走行させていない時の被害について保障されます。台風・洪水、火災・爆発、盗難、落書き、いたずらなどの場合で保障が受けられます。

自動車保険の特約はグレードアップの為と言うよりも、保険料を安くおさえるための補償範囲を狭くする為のものという考え方が一般的なようです。


Copyright © 2008 自動車保険の比較・見積りガイド. All rights reserved